ドクター

血行改善効果の高いリンパマッサージ|資格の種類も様々

このエントリーをはてなブックマークに追加

実習で経験を積む

ナース

看護の仕事に就くためには、看護学校で多くの専門知識や技術などを正確に身につける必要があります。そのために、看護学校では様々なカリキュラムが用意されています。実習にも種類があり、それは大学内実習と病院実習、フィールドワークの3つです。大学内実習は、看護学校の中で行なわれるもので、看護の分野ごとで違った実技を習います。学生同士で患者役と看護師役に分かれて実践練習を行なうのです。注射の練習などをしっかりと行ない、病院実習で失敗しないように対策します。医師や看護師など、現場と同様のポジションに別れてシミュレーションする看護学校もあります。次に、病院実習ですが、これは病院で実際に患者を相手に行なうものです。現場の業務内容を肌で感じて理解し、座学で学んできたことを現実的なものとして学びます。病院実習での経験は、知識や技術だけではなく、心構えなども深く勉強になるので、その後の人生で大きく役立つでしょう。その他、フィールドワークという実習があります。これは、地域の施設に訪問し、高齢者や要看護の人と接するものです。病院以外にも看護師を必要とする現場は数多くあり、その現場を目にすることによって仕事の必要性や使命感を自覚することができます。さて、看護学校で学ぶためには入試に受からなければいけません。自分に適した学校はどこなのか、試験に受かる見込みがあるのかの判断に偏差値を参考にしましょう。偏差値というのは、学力の基準値を示してくれるもので、平均値は50です。それよりも上か下かによって自分の実力が測れます。テストの点数が少し下がっただけで志望校を変えるように言われ、それをおかしいと感じたことがきっかけで偏差値ができたとされています。偏差値は1回のテストの結果や難易度に惑わされずに正確に自分の位置がわかるので、学校を受ける際の基準にしましょう。